やる気★★

溶き方1つ!舞茸とふわふわ卵炒め/やる気★★

べちゃべちゃ卵炒めにしないためには

べいべい
べいべい
「ふんわり卵炒め」「ふわふわ卵炒め」って「cookpad 2019年食トレンド大賞」の1つとして選ばれたんだべいよね。
卵は1日1個しか食べてはいけないという説が否認されたことで「卵料理」がブームになりつつあるべいよ!

たこさん
たこさん
今回は卵をふわふわに仕上げるコツをいくつか紹介するたこ!
いつもべちゃべちゃでかた~い卵炒めを作ってしまっている人は是非チャレンジしてみてたこ!

ふわふわにするポイント

ふわふわ卵炒めのコツ
①:卵は溶きすぎない
ホイッパーを使用して混ぜすぎると卵白が切れてしまいコシがなくなります。
菜箸を使用してコシを残すことで加熱凝固がまばらになってふわふわに仕上げることが出来ます。
②:マヨネーズを加える
卵1個あたり12g(大さじ1)のマヨネーズを加えてみましょう。
卵にマヨネーズを加えると、乳化された植物油や酢が、加熱によるたんぱく質の結合をソフトにしてふわふわになります。また、乳化された植物油は冷めてもかたまらないため、やわらかさを維持します。さらに、酢のはたらきにより仕上がりもきれいなたまご色になります。(キユーピー㈱HPより引用)

作り方

材料(2人分)

  • 舞茸  80g
  • 卵  1つ
  • ごま油  12g(大さじ1)
  • 塩、胡椒  少々
  • 醤油  6g(小さじ1)
  • 小ネギ 適量

*マヨネーズを使用する場合:12g(大さじ1)

作り方(簡易)

  1. 舞茸をさいて食べやすい大きさにする
  2. 卵を割って溶いておく
  3. フライパンで舞茸を炒める
  4. 溶き卵を入れて炒め、小ネギを入れて更に炒める
  5. 塩、胡椒、醤油で味を調える
  6. お皿に盛り付けて完成!

作り方(詳細)

①:舞茸をさいて食べやすい大きさにする

舞茸80gをさいて食べやすい大きさにしておきましょう。

②:卵を割って溶いておく

卵1つを割り、溶いておきましょう。

ふんわり仕上げるコツ
菜箸を使用して溶きます。あまり卵白をくだきすぎないようにしてください。
マヨネーズを少量加えておくとさらにふんわり仕上げることが出来ます。

③:フライパンで舞茸を炒める

フライパンにごま油12g(大さじ1)を入れて中火で加熱します。舞茸を入れて炒めていきましょう。
油を全体的につけてから蓋をするとしんなりしやすいです。

④:溶き卵を入れて炒め、小ネギを入れて更に炒める

フライパンの上の方に舞茸を持っていき、溶いておいた卵を入れて中火~強火で加熱します。混ぜながら、少し固まってきたら舞茸と混ぜていきます。
まだ半熟が残っている状態で小ネギを入れます。

⑤:塩、胡椒、醤油で味を調える

塩胡椒を少々と、醤油6g(小さじ1)を加えて味を調えます。

⑥:お皿に盛り付けて完成!

お皿に盛り付けたら完成です!

最後に

べいべい
べいべい
溶き方の違いだけでふんわり仕上がるのは良いべいね!
皆もべちゃべちゃカチカチ卵から脱却するべいよ!

たこさん
たこさん
やっぱりもっとふわふわにするためには、マヨネーズを入れておきたいたこねえ。
厚焼き玉子は特にマヨネーズでふわふわに仕上がるらしいたこよ!

おさらい:卵をふわふわにするポイント

ふわふわ卵炒めのコツ
①:卵は溶きすぎない
ホイッパーを使用して混ぜすぎると卵白が切れてしまいコシがなくなります。
菜箸を使用してコシを残すことで加熱凝固がまばらになってふわふわに仕上げることが出来ます。
②:マヨネーズを加える
卵1個あたり12g(大さじ1)のマヨネーズを加えてみましょう。
卵にマヨネーズを加えると、乳化された植物油や酢が、加熱によるたんぱく質の結合をソフトにしてふわふわになります。また、乳化された植物油は冷めてもかたまらないため、やわらかさを維持します。さらに、酢のはたらきにより仕上がりもきれいなたまご色になります。(キユーピー㈱HPより引用)

ご覧になりましたら以下バナーを押して頂けると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ