調理方法まとめ

【夏の鍋料理レシピ】一人暮らしが食べるべき食欲がない夏の夜ご飯を3選を紹介

【夏の鍋料理レシピ】
一人暮らしが食べるべき
食欲がない夏の夜ご飯を3選を紹介

こんにちは!

最近暑くなってきました。

真夏になると「屋外の日差しによる暑さ」と「屋内の冷房による寒さ」の温度差によって身体を壊しがちになる共働き夫婦のたこべい(@takobeibeiです。

食欲がなくなる「蒸し暑い夏」、このような食事をしていませんか?

夏に食べがちなNG食品

  • 麺類
    簡単に食べられるカップラーメンや冷たいそうめん、蕎麦、うどんなど
  • アイスやかき氷
    甘くて冷たいおやつやデザートなど

べいべい
べいべい
夏は暑いから、冷たいそうめんや蕎麦が食べたいべいよ。

夏は暑いため、食欲がなくなります。

そのため「冷たいアイス」や「噛まずに食べられる麺類」などを食べがちになります。

結果として、野菜や肉、魚などの摂取量が減り、栄養が偏ってしまいます

夏に食べがちなNG食品によるデメリット

  • 【下痢】お腹を壊す
    ・胃や腸の動きが悪くなり、消化不良を起こしやすくなります。
    ・野菜不足による食物繊維量が低下することで、便秘や下痢に繋がります。
  • 【外観】太りやすい
    ・身体が冷えて基礎代謝が低下するため、太りやすくなります。

めんだこちゃん
めんだこちゃん
デメリットは多いけれど、食欲がない時は、どうしても食べてしまうめんよ~。

なんでめん?

では、どうして夏は食欲がなくなるのでしょうか。

それは、「屋外の気温が高く」、「屋内の気温が低い」寒暖差の激しさによって、自律神経が乱れてしまうからです。

東京の気温(2019年8月より)
国土交通省気象庁より

  • 月平均気温:32.8℃(最高気温35.6℃)

冷房による屋内の気温

  • 冷房の気温:24~28℃

たこさん
たこさん
この気温差では、屋外で汗をかいて屋内の寒さからお腹が痛くなってしまうたこよ~。

そこで、「暑い夏こそ鍋を食べる」ことを推奨します。

夏に鍋を食べるメリット

  • 野菜や肉、魚をたくさん摂取できる
    ・夏に不足しがちな栄養素のビタミン(野菜)や、タンパク質(肉、魚)をたくさん摂取出来ます。
  • 食欲がなくても食べやすい
    ・スープと一緒に食べることで水分が多く、食べやすくなります。
  • 身体を温めてくれる
    ・あたたかいスープが身体を芯から温めます。

めんだこちゃん
めんだこちゃん
夏に熱い鍋を食べるなんて発想はなかったけれど、メリットが多いから食べてみるめん!

今回記事を読むべき人はこんな人

  • 最近食欲がない人
  • 一人暮らしだから栄養が偏りがちな人
  • 冷房のかかった屋内に長時間過ごしている人

一人暮らしならおりょうりケトルを使った鍋料理がオススメ!

一人暮らしの鍋料理は「野菜、肉類、穀物」を同時に摂取できる魅力的な料理です。

しかし、以下のような困りごとが起きてしまいます。

一人暮らしが鍋をするデメリット

  • 作りすぎて余ってしまう
  • 食べている途中で冷めてしまう

めんだこちゃん
めんだこちゃん
一人鍋は、具材を余らしてしまうめんよね。

翌日の朝食まで鍋なんて食べたくないめんよ。

そのような一人鍋には「おりょうりケトル」がオススメです。

おりょうりケトルのメリット

おりょうりケトル(SIROCA)

  • ケトルで料理が作れる
    ・ケトルを洗うことができるため、お湯を沸かす機能以外に、調理まで出来ます。
  • テーブルで温められる
    ・食卓のダイニングテーブルの上で、加熱や保温が可能です。
    ・電気で温めるため、カセットコンロのようなガスボンベが不要です。
  • 料理に合わせて温度調節・保温が可能
    ・40~100℃まで温度調節可能なため、鍋やラーメンなどの加熱以外に保温まで可能です。

めんだこちゃん
めんだこちゃん
そんな便利なケトルがあるめんね!

今度試してみようかなぁ・・・。

▼一人鍋にピッタリなおりょうりケトルはこちら▼

▼おりょうりケトルを使用した煮込みレシピはこちら▼

トマトチーズソースの餃子煮込み/やる気★★ ワインが合う簡単煮込み料理を作ろう https://twitter.com/takobeibei/status/1221037...
チーズがとろ~り!ミートボールのトマト煮/やる気★★★ 食べたら中からチーズがとろ~り出てきた! (adsbygoogle = window.adsbygoog...

夏に食べるべきオススメの鍋料理3選

①:元気が出るキムチ鍋

キムチ鍋は身体を温めてくれる具材をたくさん使います。

また、キムチに含まれるカプサイシンは食欲を増進するため、食欲がなくなりがちな夏にぴったりです。

オススメの具材

  • キムチ
    ・自律神経を整えるGABAが豊富です。
    ・発酵食品は身体を温める効果もあります。
  • 生姜
    ・辛み成分「ジンゲロール」が身体を温めます。
    ・キムチと炒めてから鍋へ入れるとオススメです。
  • 肉や魚
    ・肉、魚にはトリプトファン、ビタミンB6が含まれます。
    炭水化物と一緒に摂ることにより、「幸せホルモン」といわれるセロトニンを分泌してくれます。
  • 根菜類(にんじん、大根など)
    ・根菜には免疫力をアップさせ、身体を温めてくれる効果があります。
    ・煮込むことで柔らかくなるため、食欲がなくても食べやすくなります。

②:癒しのトマト鍋

夏野菜のトマトを使用してトマト鍋にしましょう。

トマト缶を使えば更に簡単に作れます。

オススメの具材

  • トマト
    ・身体を冷やしやすいカリウムが含まれますが、加熱すると成分が変化して血流を良くします。
    ・身体をリラックスさせるGABAが含まれています。
  • 鶏肉
    ・鶏肉にはトリプトファンとビタミンB6が含まれます。
    炭水化物と摂取することにより、「幸せホルモン」といわれるセロトニンを増やします。

③:夏野菜のカラフルチーズフォンデュ

夏野菜は身体を冷やすと言われますが、旬に食べたいですよね。

身体を温めてくれるチーズフォンデュにつけて食べましょう。

オススメの具材

  • チーズ
    ・発酵食品は血流を良くし、身体を温める効果があります。
  • 夏野菜(パプリカ、ズッキーニ、オクラなど)
    ・夏野菜はカリウムによって身体を冷やすといわれていますが、ナトリウムを同時に摂取することで効果を打ち消します。
    ・身体を温めるために「茹でる」か「蒸す」ようにしましょう。チーズと組み合わせると効果的です。
    ・パプリカは「辛味のない唐辛子」ともいわれ、身体を温める効果があります。
  • じゃがいも
    ・じゃがいもは、身体を温める効果があります。
    ・小麦のパンは身体を冷やすため、代わりに茹でたじゃがいもをつけると良いでしょう。

【まとめ】
【夏の鍋料理レシピ】
一人暮らしが食べるべき
食欲がない夏の夜ご飯を3選を紹介

いかがでしたでしょうか?

夏は屋内と屋外の寒暖差によって体調を崩しがちです。

鍋料理で身体を温め、暑い夏を乗り切りましょう!

本日のまとめ

夏に鍋を食べるメリット

  • ビタミン(野菜)やタンパク質(肉、魚)を摂取できる
  • 食欲がなくてもスープと一緒だから食べやすい
  • 温かいスープが身体の芯から温めてくれる

おりょうりケトルのメリット

おりょうりケトル(SIROCA)

  • ケトルで料理が作れる
    ・ケトルを洗うことができるため、お湯を沸かす機能以外に、調理まで出来ます。
  • テーブルで温められる
    ・食卓のダイニングテーブルの上で、加熱や保温が可能です。
    ・電気で温めるため、カセットコンロのようなガスボンベが不要です。
  • 料理に合わせて温度調節・保温が可能
    ・40~100℃まで温度調節可能なため、鍋やラーメンなどの加熱以外に保温まで可能です。

夏に食べるべきオススメの鍋料理

  • キムチ鍋
    キムチ鍋には食欲増進・身体を温める効果があります。
  • トマト鍋
    身体をリラックスさせる効果があり、血流を良くして身体を温めます。
  • チーズフォンデュ
    身体を冷やす夏野菜でも、血流を良くするチーズにつけて食べることにより身体を温めます。

べいべい
べいべい
今年の夏は鍋を食べて

たこさん
たこさん
元気に過ごすたこよ~!

めんだこちゃん
めんだこちゃん
今日の夕ご飯はさっそくキムチ鍋にしてみるめん!

鍋料理なら最後の〆(しめ)まで楽しめます。

好きな具材、スープにして夏の鍋を楽しみましょう!

ご覧になりましたら以下バナーを押して頂けると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ

▼一人暮らしにオススメなおりょうりケトルはコチラ▼

▼おりょうりケトルを使用した煮込みレシピはこちら▼

トマトチーズソースの餃子煮込み/やる気★★ ワインが合う簡単煮込み料理を作ろう https://twitter.com/takobeibei/status/1221037...
チーズがとろ~り!ミートボールのトマト煮/やる気★★★ 食べたら中からチーズがとろ~り出てきた! (adsbygoogle = window.adsbygoog...