趣味探し

社会人から始める趣味探し/未経験者ができる楽器(エアロフォン)

社会人から始める趣味探し/未経験者ができる楽器
(エアロフォン=電子サックス)

こんにちは!

新たな趣味を探した結果、楽器演奏を楽しむたこべい(@takobeibei)です。

皆様は、社会人になってから始めた趣味はありますか?

休日は何をして過ごされていますか?

社会人になってからの生活!
当てはまっていたら要注意!!

  1. 学生時代は、部活(野球やサッカーなど)を楽しんでいたが
    現在の休日は無気力で何もしていない、、、。
  2. 新しい趣味を始めて活動している人を見ると羨ましい。
    自分は飲み会に行くことだけが趣味かもしれない
  3. 昔からの趣味(ゲームやスポーツなど)に飽きてしまった

皆様は当てはまる項目が1つでもありましたか?

べいべい
べいべい
うーむ、、、。

何か新しい趣味を見つけた方が良いのかなべい?

決して「趣味がないといけない」という訳ではありません。

しかし、趣味をもつことで「仕事や家庭以外のやりがい」「日々のストレスからの解放」を得ることができます。

▼最近ストレスが溜まっている人はコチラから▼
*イライラを抑える基本について

ストレス発散が逆効果?イライラした時の解決方法 ストレス発散が逆効果?イライラした時の解決方法 皆様は最近ストレスによってイライラしたことがありますか? 夫婦関係によってイライ...

たこべい夫婦は普段の趣味として楽器演奏をしています。

楽器演奏が趣味であるメリット

  1. いつでも家で練習ができる
    *雨でも台風でも関係ありません。
  2. 一人でもできる
    *もちろん夫婦で演奏することも可能です。
  3. 皆の前で披露できる
    *一芸として持っているスキルは良いですよ!

未経験者が社会人から始められるオススメの楽器は2種類あるため順番に紹介したいと思います。
*いずれもたこべい夫婦が社会人になってから始めた楽器です。

しかし、楽器というとハードルが高いと感じる人が多いと思います。

たこさん
たこさん
えー!

楽器って難しいし、音符♪なんて読めなかったりするたこー!?

楽器を始めるための不安

  1. 音符が読めないから弾けないと思う
  2. 楽器は高いから購入にはハードルが高い
  3. 音量が大きいから賃貸住宅では弾けないのでは?

楽器未経験者はこれらの3つの不安を抱えていると思います。

しかし、以下の楽器は3つの不安を取り除いてくれると思います。

初心者にオススメな楽器2選

  1. サイレントギター
    写真に写っている骨組みしかないギター
  2. エアロフォン(電子サックス)
    写真に写っている白い楽器

さて、当記事では2種類の内、エアロフォン(電子サックス)の魅力について紹介します。

▼サイレントギターの魅力についてはコチラから▼

社会人から始める趣味探し/未経験者ができる楽器(サイレントギター) 社会人から始める趣味探し/未経験者ができる楽器(サイレントギター) こんにちは! 新たな趣味を探した結果、楽器演奏を楽しむたこべい...

初心者にオススメな楽器はコレだ!

①:エアロフォンとは?

べいべい
べいべい
エアロフォンってなんだべい?

たこさん
たこさん
簡単に言うと電子サックスたこ。

様々な音が出せるから、サックス経験者はもちろん、昔吹奏楽部で木管楽器を吹いていた方、楽器はリコーダーしか吹いたことがないという初心者にも簡単に吹けるたこよ!

これから趣味を見つけたい方にはおすすめたこよ!

エアロフォンってなんだろう?

  • サックスやクラリネット、トランペットなどの管楽器の音色を出すことができる。
  • ボタン1つで吹けるため、リコーダーの演奏レベルで問題なし。

▼エアロフォンってこんな音色です▼
*初心者(始めて1~2週間レベル)がこんな感じです。

エアロフォン(クラリネットを選択)よりアイデアを演奏

▼エアロフォンが気になる方はこちらの初心者セットがおすすめです▼

▼もっと簡単に演奏したいという方はコチラがオススメ▼
*ボタンが少ない分、シンプルで吹きやすいです。

②:エアロフォンの購入を迷う不安要素

購入前の不安要素

購入前の不安要素

  1. 楽譜が読めないから吹けるか不安
  2. 楽器は高いから買えない
  3. 吹く楽器は音が大きそう(騒音が不安)

不安要素が3つありますね。

これらを解決していきます。

ちなみに、通常のサックスとエアロフォンを比較した結果は以下の通りになります。

 

1.楽譜が読めないから吹けるか不安

 

サックスはメロディーラインを吹くことが多く、学校の授業などで馴染みのあるリコーダーレベルの楽譜を読むことができれば吹けます。

べいべい
べいべい
ピアノみたいな複雑な楽譜は読めなくてもいいべいね!

楽譜が読めなくても「ドレミファミレド~」って書いても十分べいよ!

サックスを吹いたことがなくても、リコーダーを吹いた経験鍵盤ハーモニカを吹いた(弾いた)ことがある方なら誰でも吹くことが可能です。

もちろん、昔サックスを吹いていた方や、吹奏楽部で他の楽器を演奏していたけれどもサックスに憧れていた方も、気軽に始められるためオススメしています。

  • 初心者は、音楽の教科書レベルの楽譜が読める方は吹ける。
    *不安な人はドレミ~と記入すれば十分に吹ける。
  • 楽器経験者は気軽に始めやすい。

どうしても簡単に吹きたいという方はボタンが少ない「エアロフォンミニ」がオススメです。

ボタンが少ないため吹ける幅は狭くなりますが、運指(どの指を押さえるとどの音が出るか)を覚えやすいため、初心者にオススメしています。

▼お手軽でオススメなエアロフォンミニはコチラから▼

 

2.楽器は高いから買えない

楽器は高いイメージがありますよね。
通常のサックスを買おうとすると2~200万円します。
ある程度吹きやすくて丈夫なものだと10万~20万円程度はかかるでしょう。

このほかにも手入れやメンテナンスも必要になってきます。

サックスの年間メンテナンス費用
*週に5時間程度練習した場合

  • 最低4万円程度(バランス調整、リード交換費用など)

エアロフォンの年間メンテナンス費用

  • 0円(唾液を拭きとる程度)

 

たこさん
たこさん
サックスってもっと安いと思っていたたこ~。

エアロフォンは3~8万で購入することができます。

電子楽器は金属楽器と比較して錆びることはありません。

また、決まった場所にしか唾液が溜まらないため、金属楽器よりも使用後の掃除が楽になります。

べいべい
べいべい
趣味で始めるなら、エアロフォンの方がお金がかからないし、メンテナンスが簡単でオススメべい!

 

3.吹く楽器は音が大きそう(騒音が不安)

サックスなどの楽器は音が大きく、騒音が気になりますよね。
練習場所としてはスタジオや学校などの大きな施設に限られてきます。

べいべい
べいべい
よく放課後の学校とかカラオケで練習している人を見たことあるべいね~♪

しかし、騒音を気にして吹く力を弱めてしまうと音が弱々しくなります。

エアロフォンはヘッドフォンをつけるだけで外部への音が無音になります。(ヘッドフォン内には音が響きます)

また、ヘッドフォンをつけずに演奏すると音が出るため(エアロフォン以外の電子サックスはアンプに接続しないと音が出ない)、外での練習や演奏にも適しています。

もちろんアンプに繋げると大きな音で演奏することが出来るため、文化祭結婚式の余興など、演奏する機会がある方にもおすすめです。

  • ヘッドフォンを使用すると無音で練習が出来る
  • 通常演奏(フッドフォン)をつけていないと外部に音が出る
  • アンプに繋げると、更に大きな音が出せるため大きな会場でも演奏出来る

購入後の不安要素

ついに念願のエアロフォンを購入しましたが、吹き方があっているのかわからなかったり、思ったよりも上手く吹けなかったりすると思います。

購入後、これらの不安に襲われた方はご覧ください。

購入後の不安要素

  1. 吹き方がわからない
  2. 音が安定しない
  3. マウスピースが傷ついてしまう

1.吹き方がわからない

エアロフォンにはリコーダーにはないリードがついています。

リードとは?

リードとは、振動させて音を出すための道具です。

サックスなどの管楽器はリードがついていないとそもそも音が鳴りません。
割れたりするため、適宜メンテナンスが必要になります。

また、エアロフォンは交換不要のリードがついています
*買い替え・取り換え不要

引用:ヤマハ㈱HPより

リードを使用した楽器経験者の方は難なく吹けると思いますが、初めてリードの楽器を扱う方は吹き方に戸惑う方もいるでしょう。

吹くときのポイントを紹介します。

吹くときのポイント

  1. 楽器のマウスピース部分を口へくわえたら、下唇を口の中へ入れ上の歯でマウスピースを軽く噛みます。その上へ上唇を乗せます
  2. あまり強く噛まないようにし、口は膨らませず口周りの筋肉で支えながら息を吹き込みます。

 

2.音が安定しない

しっかり吹いているのに音がふんわりとしていて安定しないと思った方。

タンギングがポイントです
*音の区切れ目をつけて演奏する方法

  • 吹くときに「トゥ」と言ってみると音がしっかり出ます。

*詳しくはコチラのサイト(音楽家ブロガーのサイト)にて紹介しています。

 

3.マウスピースが傷ついてしまう

エアロフォンのマウスピースを噛むことで傷が気になってしまう方は、マウスピースパッチの購入をオススメします。

たこさん
たこさん
初心者セットには「マウスピースパッチ」が付属されているから安心してたこ~♪

マウスピースパッチにある厚さの違いって何?

パッチが厚いほど丈夫になりますが、マウスピースをくわえている時に違和感を感じます。

初心者は、厚さを気にしなくて良いです。

▼噛む力でマウスピースへの傷が気になる方はこちら(厚め)▼


▼噛む力でマウスピースへの傷が気になる方はこちら(薄め)▼

③:エアロフォンを吹くメリット

エアロフォンを吹くメリット

  1. ストレス解消に最適
  2. 天候に左右されないインドアな趣味
  3. 毎日のモチベーションアップ

1.ストレス解消に最適

人によりストレス解消方法は様々ですが、楽器は音を大きく出すため、カラオケで歌うようなストレス発散効果があるためオススメです。

べいべい
べいべい
自分の好きな曲や最近流行りの曲、昔の懐かしい曲など吹いてみると楽しいべいよね~

2.天候に左右されないインドアな趣味

インドア趣味の方、家で出来るエアロフォンはオススメです。

アウトドア派の方も、新しくインドアの趣味を作ってみるのも良いですね。

雨の日など、外へ出られない日も楽しめる趣味であるため、天候に左右されません

3.毎日のモチベーションアップ

最近趣味に没頭していない方や、仕事以外の楽しみがない方へ向いています。

弾ける(吹ける)曲が増えてきたり、1曲まるごと演奏できた時の達成感があるため、毎日のモチベーションアップに繋がります。

たこさん
たこさん
帰ったら練習しよう、休日は1日練習しようと考えると、毎日が楽しくいきいきするたこよね~♪

【まとめ】
社会人から始める趣味探し/未経験者ができる楽器
(エアロフォン=電子サックス)

いかがでしたでしょうか。

無趣味や無気力になって困っていた人」や「日頃のストレスを発散したい人」にとってエアロフォンを始めるきっかけになると嬉しいです。

楽器は「騒音」を気にしがちです。

しかし、賃貸物件に住む人が多い現代社会に合った楽器がたくさん存在します。

▲各楽器の不安要素一覧▲

特にエアロフォン(電子サックス)は「メロディーラインを綺麗に吹ける」メリットがあります。

また、ピアノの弾き語り曲集から歌詞の部分を演奏すると簡単に楽しめるメリットがあります。

雨の日や外出できない日にも演奏できますよ。

べいべい
べいべい
今日から皆様も

たこさん
たこさん
楽器にチャレンジたこよ~!

メロディではなく、伴奏を弾きたい人は「静かに弾けるサイレントギター」をオススメします。

▼未経験者ができる楽器(サイレントギター)についてはコチラから▼

社会人から始める趣味探し/未経験者ができる楽器(サイレントギター) 社会人から始める趣味探し/未経験者ができる楽器(サイレントギター) こんにちは! 新たな趣味を探した結果、楽器演奏を楽しむたこべい...

▼エアロフォンが気になったらコチラから▼

▼ボタンが少ないミニはコチラ▼

ご覧になりましたら以下バナーを押して頂けると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ