やる気★★★

【下味冷凍牛丼】下味冷凍で当日簡単!元気の出る牛肉のレシピ/やる気★★★

疲れた日は元気の出る牛肉を食べよう!
下味冷凍で当日は簡単な牛丼のレシピ

べいべい
べいべい
平日は忙しくて、なかなか凝った料理が作れないべいよね。

元気が出る美味しい料理が食べたいけれど、どうしたら良いべい?

たこさん
たこさん
それなら下味冷凍しておくのはどうたこ?

下味冷凍牛丼を作るたこ!

身体作りに必須なタンパク質や鉄分が含まれている牛肉を食べて元気を出すたこよ!

下味冷凍牛丼の作り方

材料(2人分)

  • 牛肉薄切り  280~300g
  • 新玉ねぎ  100g前後(1/2個)
  • ☆砂糖  9~12g(大さじ1)
  • ☆酒  30g(大さじ2)
  • ☆みりん  38g(大さじ2)
  • ☆しょうがチューブ  3~4cm(約3g)
  • ☆醤油  54g(大さじ3)
  • 水  150g
  • 小ネギ  少々(お好み)

作り方(簡易)

  1. 新玉ねぎを1cm幅のくし切りに切る
  2. ジップロックなどの袋へ新玉ねぎと牛肉を入れる
  3. 袋へ調味液(☆)を入れて混ぜ合わせる
  4. 封をして冷凍庫へ入れ、冷凍させる
  5. ご飯を炊く
  6. 牛丼の具材を流水解凍させる
  7. 鍋へ解凍させた牛丼の具材を入れて中火で加熱する
  8. 20~30分煮込み、灰汁が出たら取る
  9. ご飯を丼ぶりへ盛り付ける
  10. 牛丼の具材をのせたら完成!

作り方(詳細)

①:新玉ねぎを1cm幅のくし切りに切る

新玉ねぎ100g前後(1/2個)を1cm幅のくし切りにします。

②:ジップロックなどの袋へ新玉ねぎと牛肉を入れる

ジップロックなどの袋へ、切っておいた新玉ねぎと牛肉280~300gを入れます。

③:袋へ調味液(☆)を入れて混ぜ合わせる

具材を入れておいた袋へ、調味液(☆)を加えて混ぜ合わせます。

あらかじめ調味液(☆)を混ぜ合わせてから加えると上手く混ざりやすいです。

調味液(☆)

  • ☆砂糖  9~12g(大さじ1)
  • ☆酒  30g(大さじ2)
  • ☆みりん  38g(大さじ2)
  • ☆しょうがチューブ  3~4cm(約3g)
  • ☆醤油  54g(大さじ3)

④:封をして冷凍庫へ入れ、冷凍させる

出来るだけ空気を抜いて封をします。

冷凍庫へ入れて下味冷凍させましょう。

⑤:ご飯を炊く

食べる当日にご飯を炊きます。

好きなだけ炊いておきましょう。

⑥:牛丼の具材を流水解凍させる

食べる1時間~1時間半前に、水を流して牛丼の具材を流水解凍をします。

⑦:鍋へ解凍させた牛丼の具材を入れて中火で加熱する

鍋へ解凍した牛丼の具材を入れます。

中火で混ぜながら加熱しましょう。

⑧:20~30分煮込み、灰汁が出たら取る

20~30分程煮込みます。

灰汁(アク)が出たら取りながら煮込みましょう。

⑨:ご飯を丼ぶりへ盛り付ける

炊いたご飯を丼ぶりへ好きなだけ盛り付けます。

⑩:牛丼の具材をのせたら完成!

牛丼の具材をのせます。

お好みで小ネギ少々をのせたら完成です!

【最後に:疲れた日の簡単ご褒美レシピ】
下味冷凍で簡単に美味しい牛丼を作ろう!

べいべい
べいべい
旨味があって美味しいべい~。

下味冷凍することによって、平日や疲れている日でも簡単に美味しい牛丼が作れて良いべいね!

冷凍しているから少しボソボソするけれど、柔らかくて美味しいべい~。

たこさん
たこさん
冷凍することによってお肉が柔らかくなるたこ~。

下味冷凍は、当日に手間もなく短時間で作れるから良いたこ。

疲れた日の元気回復レシピとしてオススメたこよ~!

通常の牛丼を作りたい人はコチラ

牛丼の冷凍卵黄のせ!元気が出る美味しい丼ぶりの基本レシピ/やる気★★★ 疲労回復効果で元気になろう!安い牛肉で簡単・本格的な牛丼のレシピ (adsbygoogle = wind...

疲労回復には酒粕もオススメです!

【酒粕で疲労回復】疲れた時は栄養たっぷりのご飯を作ろう!上善如水がオススメ! 【上善如水の酒粕がオススメ】疲れた時は栄養たっぷりのご飯を作ろう! こんにちは! 疲れていると手抜き料理になってしまう共働...
ご覧になりましたら以下バナーを押して頂けると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ