やる気★★★

下味冷凍して焼くだけ!鶏肉の柚子胡椒マヨ焼/やる気★★★

疲れて帰ってきた自分のためのレシピ

べいべい
べいべい
今日も残業、くたくただべ~。

お腹が空いたけど、ご飯を作る元気が出ないべいね。


たこさん
たこさん
そんな日のために、下味冷凍レシピがおすすめたこよ!

今回はマヨネーズと柚子胡椒を使った、まろやかなマヨネーズの味わいと、柚子胡椒のピリ辛な味付けたこ。

疲れて帰ってくる自分のために、特売でたくさん鶏肉を買った日などに作っておくと便利たこよ!

下味を付けて冷凍するから、帰ってきて焼くだけ。
漬けながら凍らせているから、鶏胸肉もしっとり柔らか、一石二鳥たこ~。

下味冷凍のメリット

  1. 下味を付けてから冷凍するため、食べるときは焼くだけで良い
  2. 漬ける調味液によっては鶏肉が柔らかくなる

ふんわりやわらかになる理由。

鶏肉に下味をつける際にマヨネーズを加え、もみ込んで揚げると、マヨネーズに含まれる酢が鶏肉のたんぱく質に作用してやわらかくなり、臭みも消すことができます。

また、乳化された植物油が鶏肉をコーティングするため、パサパサ、カチカチになるのを防いでくれます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は キャプチャ.png です

引用:キユーピー㈱HPより

作り方

材料(2人分)

  • 鶏胸肉  350~400g
  • マヨネーズ  24g(大さじ2)
  • 柚子胡椒  3~4g(小さじ2/3程度)

作り方(簡易)

  1. 鶏胸肉を一口大のそぎ切りにし、冷凍できる袋へ入れる
  2. マヨネーズ、柚子胡椒を入れて味付けし、冷凍庫で凍らせる
  3. 食べる日の朝、冷蔵庫へ入れておく(夜使用する場合)
  4. フライパンへ漬けておいた鶏肉を入れて焼く
  5. 両面焼き、少し蓋をして蒸し焼きにする
  6. お皿へ盛り付けて完成!

作り方(詳細)

①:鶏胸肉を一口大のそぎ切りにし、冷凍できる袋へ入れる

鶏胸肉を一口大のそぎ切りにします。

冷凍できる密封袋(ジップロックなど)へ入れておきましょう。

既に切れている鶏肉を使う場合は、包丁を使わないため「やる気★★」になります。

②:マヨネーズ、柚子胡椒を入れて味付けし、冷凍庫で凍らせる

マヨネーズ24g(大さじ2)、柚子胡椒3~4g(小さじ2/3)を入れてよく混ぜ合わせます。

出来るだけ空気を抜いて蓋を閉じ、冷凍庫に入れて凍らせましょう。

③:食べる日の朝、冷蔵庫へ入れておく(夜使用する場合)

夜食べる場合は食べる日の朝、冷蔵庫へ入れておきます。

冷蔵庫へ入れ忘れた場合、水道水を流して流水解凍を行ってください。

④:フライパンへ漬けておいた鶏肉を入れて焼く

フライパンへ皮の部分を下にし、漬けておいた鶏肉を焼いていきます。

マヨネーズを使って下味を付けているため、油は使いません。

⑤両面焼き、少し蓋をして蒸し焼きにする

鶏肉の両面を良く焼きます。

中まで火を通すため、蓋をして3~5分程焼きましょう。

その後蓋を取り、1~2分焼きます。

下味を付けているため、追加の味付けをしなくても美味しく仕上がります。

⑥:お皿へ盛り付けて完成!

お皿へ盛り付けて完成です!

最後に

べいべい
べいべい
お肉が柔らかいくてしっとりしていて美味しいべ~。

下味を付けて冷凍することで、味がしっかりついているべいね!


たこさん
たこさん
ちょっと辛味のある柚子胡椒がアクセントになって美味しいたこね!

焼いたパンに残ったソースを付けると、二度美味しいたこよ!
おすすめたこ~

余ったソースで二度おいしい

  • トースターでカリカリに焼いたパンを余ったソースに浸して食べるとピリ辛ソースが病みつきになります。
ご覧になりましたら以下バナーを押して頂けると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ